FC2ブログ
広島を拠点に津軽三味線をお仕事にして生活しています。日々の出来事や面白いと思ったことなどを書いています。好きなものは リラックマ・ムーミン・ラスカルなどのキャラもの・フラワーカンパニーズ(バンド)です。エレキベースも嗜みます。
2020年02月11日 (火) | 編集 |
先週は結構体調が悪かったのですが、今週は割と良さそう。

ということで、日記を書いておきます。


先日、うちのカミさんが昔映画館で見て面白かったからまた見たいと言っていた映画「デスプルーフ in グラインドハウス」がアマゾンビデオにあったので見ることにしました。



この映画、クエンティン・タランティーノ監督の映画なのですが、彼が作ったん映画だわ〜っていう映画でしたよ。

何ていうか、

「こんなにも中身がない映画だけど、こんなにも最高な映画初めて見たわ〜ww!!!THE ENDの出方でこんなに笑った映画ってこれが最初だわ!!」

が感想です。

中身があまりにも無さすぎて、逆に後に残るっていう。

あー、面白かったで終わらない不思議な最高映画でした。

うちのカミさんと好きな映画や音楽はまるで違うのですが、珍しく揃って最高って映画でした。


前半は正直結構退屈何ですけど、そのフラストレーションも後半で一気に解消されました。

ストーリー上関係のない意味のない雑談が延々繰り広げられるって感じですから。(この方が実際にはリアル何ですけどね。実生活は意味のない雑談だらけですので。)

主演はカート・ラッセルなのですが、

「ようこの仕事受けたな。ギャラ良かったんかね?wこの役の最低っぷりが最高だよね。」

などとカミさんと盛り上がりました。


暇で死にそうな人は見るといいと思います。

マジでおすすめです。
関連記事



津軽三味線こうのひとしWEB SITE
http://nosuke.nomaki.jp

ランキングに参加しております。ポチッと応援お願いします。

にほんブログ村 その他日記ブログへ